ステッカーと看板の通販専門店 週末工房.com ロゴ

面付け断裁ステッカー

プリントステッカーのデータ入稿について

プリントステッカー製作のデータ入稿については基本的にはイラストレーターでお願いします。
イラストレーター以外ではJPEG等のビットマップ形式での入稿も可能ですが、解像度や状態によっては低画質で出力される場合が有ります。また、ビットマップではカットやハーフカットの処理が出来ません。JPEG等での入稿は四角いステッカーのみとなります。
 
イラストレーターのバージョンは最新まで対応しております。可能で有ればCS6までダウングレードいただいてEPS形式で入稿下さい。ビットマップ画像は必ず【埋め込み】下さい。リンク切れにご注意下さい。
 
ファイル容量が5Mを超える場合は直接添付せずに【圧縮】してデータ転送サービスからご利用下さい。
Fire storage https://firestorage.jp/sp/

■イラストレーター&JPEG等のビットマップ形式

RGB ダメ絶対!

・色は必ずCMYKで入稿

rgb
・色は必ずCMYKで入稿 特に多いのがビットマップ入稿でステッカーの色が大幅に違うと言うクレームです。 入稿データがRGBの場合は出力時に色が大きく変わる場合がありますので必ずCMYKで入稿下さい。 パスデータを使えませんので基本的には四角形のみのステッカーとなります。 内容によってはこちらで切り抜き加工(パスデータ)も有償で可能です。 お気軽にお問い合わせ下さい。
 

■イラストレーター入稿 その1

文字について

・文字のアウトライン

アウトライン
テキストは必ず文字の【アウトライン】を行って下さい。文字化けを起こします。 こちらでアウトラインをかけても書体が置き換わるので、必ずお客様の環境でアウトラインをお願いします。
 

■イラストレーター入稿 その2

・透明、ドロップシャドウについて

そのまま使うと画像が化ける恐れがあります。

ドロップシャドウ
プリントステッカーに透明やドロップシャドウを使用する場合は、【透明の分割】を行うか【ラスタライズ】を行ってビットマップ化して下さい。これらの機能を使用したまま出力すると画像が大きく化けてしまう場合が有ります。もしわからない場合には、『透明、ドロップシャドウを使用』とご連絡ください。
 

■イラストレーター入稿 その3

・カット、ハーフカット

カットにはパスデータが必要です。

ハーフカット
プリントステッカーのカットやハーフカットの指定は必ずイラストレータのパス(アウトライン)でお願いします。これ以外の形式ではカットが出来ません。また、必ずパスが繋がっている事を確認ください。図形が組み合わされたままで【パスファインダの合体】をされていない場合、交差している部分がそのままカットされます。また、プリントとカット位置が微妙にズレる場合が有ります。0.3mm程度までの誤差はご了承下さい。カット位置からプリントまで余裕あるデザインでお願いします。